読書メモ:「シンメトリック・スメル」秋葉信雄

  • 2015.05.28 Thursday
  • 22:07
シンメトリック・スメル
これが正式な詩集のタイトルであるが、それよりも印された「両面香」という漢訳の文字が目に付いた。すなわち、先ず、「僕の中に落とされた一滴」は「香」という文字だった。
 
スメル
香。嗅覚は、五感の中で最も初めに発達した感覚であるという。その証拠に、嗅覚神経は、鼻の上皮から脳の中心部、海馬や扁桃体といった部位に直結している。海馬や扁桃体、これらは大脳辺縁系と呼ばれる、動物の進化の中では早くに進化した部分だ。それは、視覚や聴覚が大脳新皮質、いわゆる新しい脳につながっているのに相対する。
嗅覚と視聴覚は、旧い脳と新しい脳のつながりで相対するのである。新旧のシンメトリーだ。
視聴覚による新しい脳は、人間が思考を行う部位。つまり、視覚や聴覚で受け取ったものは、思考のバイアスをかけて理解される。だから錯視や空耳が起こる。それに対して聴覚は、思考のバイアスがかかることなく、脳の中心部にキャッチされる。だから人は嗅覚によりリアルな現実を感じられる。
 
シンメトリー
シンメトリーについては、著者のノブさんから種明かしがあった。対称。世の中のものは、右と左、上と下、大と小、暖と寒、対称からできていると。〈ところで、僕は電話というものが、ひどく苦手で、ノブさんからのせっかくの電話に、まともな受け応えができなくてすみません〉
この対称は、世の中を測る指針くらいに捉えれば良いだろうか。右と左との間には中間がある。対称は識別とは違う。右にあったものだって、自分がもっと右に移動すれば左になってしまうのだから。
 
両面香
詩集の第一章は、両面香とタイトルされている。この章のシンメトリーは時間だと思った。過去と未来の対称。それが春から秋への対称の中に並んでいる。
思い出の香りと未来の香り、嗅覚によるリアリティ。
最初の詩には、具体的な香りの描写は無い。しかし、桜の花びらに春の香りは確かに香る。儚いリアリティがこの詩集に誘う扉。「時間は桜色」だと語りながら、何時のことかもわからない、薄い桜色のリアリティ。
夏はソウルの雑踏の匂い。そして過去の匂いは強烈だ。センゼンの匂い、そして、部落の臭い。
そして章の最後の詩、シーユエシャン、キンモクセイ、ツツジ、イチョウの香に刺激され、読者は現実を突きつけられて、詩人とともに「旧友が最期を迎えた病院を目指し」「秋の長雨の中を駆け抜ける」のである。
 
塔底香
地上と地下のシンメトリー。もっと単純化すれば上と下の対称か。
人が水棲の生き物だった頃に、上と下の感覚を持ったという話があるそうだ。上と下は比喩としても使われる。格差社会なんていうバズワードも。
格差の底辺は、「地下の塔」か、それとも「報復パーク」の大穴か。いやいや、今、格上だなんて思ってたって「もう将軍はいないぜ」。
頭の上を見やれば、「飯田橋方面」の「雲の中から一機の戦闘機が 現れる」のだな。
でも、我々が住んでいるのは地下でも雲の上でもない地上。「総武線」のホームで「背中を押されて」しまったりするのだろう。
そこから「永遠に」「落ち続ける」「底」は案外優しくて。
 
幻街香
ユメとウツツのシンメトリーか。然し、掲載されている詩は夢幻の世界を語るばかり。夢幻の詩に香りの描写は無い。香れば其処にリアリティが生じてしまうから。「生首から滴る血」にも「犬を食べて」も「恵比寿のライブ会場」にも「天安門広場」にも香りは感じない。
夢幻の世界の中に、詩人の言葉が自由に踊る。この章こそ、ノブさん、秋葉信雄氏の真骨頂だ。彼の短説の世界に近い。彼の作り出す夢幻の世界に「オイデオイデ」と誘われたら、ああ、もう、章の最後ではないか。
 
歌舞香
歌詞と詩は、似て非なるものだと思う。しかし、それでもそれはシンメトリーなんだろうかと考えた。
自由に紡がれた言葉たる詩と、メロディに乗ることを宿命づけられた詞(ただし、メロディは無い。譜面も無い)。対称といえば対称?
違いますね。歌詞は、歌ってこその歌詞。この美しく装丁された印刷物と、歌う行為とが対称なのだと気づいた。歌う行為を示しての「舞」の文字か。
ならば歌いましょう。「Dead December」!ギターをかき鳴らして歌いましょう。ライブハウスの薄暗い灯の中、お酒の匂いタバコの香り、空気の温度、グラスの手ざわり、そんなリアルな現実を、歌と共に五感で感じて。五感の中でも嗅覚によるリアリティ。
すなわちは、歌うという三次元の動的行為と、東京水上倶楽部の美しい写真を表紙にした詩集とがつくる、シンメトリック・スメル。
 
最後に、ノブさんとの共作(勝手に)ながら、僕の名の入った「Dead December」の掲載いただいたこと、ありがとうございました。うれしいです。

読書メモ:「誰がJ-POPを救えるか」麻生香太郎

  • 2013.06.27 Thursday
  • 08:24
 時々、CDとか作らないの?と、聞かれることがある。
この質問が、僕の歌をフルアレンジにしないの?という質問なら、それは少し興味有る。でも、CDにして売らないの?という意味なら、それには興味が無い。
フルアレンジで構成してみたいオリジナル曲は、音楽を再開した2年前以降でも何曲かある。それ以前には、何曲か、それ系のひとのご協力のもとで試した事もある。
でも、極端な仮定として、僕がプロミュージシャンとしてやっていくことになったとして(50歳の遅咲きシンガーソングライターとして(^^;)、アルバムつくるとして、それができたとしたら、商用ベースでCDとして売ることはしないと思う。少なくとも、アルバム全曲、MP3データにして、自分のサイトから自由にダウンロードできるようにしたい。
音楽データは自由にコピーできるんだし、コピーされてこそ意味がある。
 
そんなことを思っていたわけであるが、それについての理由を、殆ど代弁してくれてるのが本書である。
そして、普段感じている日本のポピュラーミュージック文化の衰退を、あらためて憂う気持ちになる本である。
それ、悲しくてしょうがない。そして、その悲しさの正体は、本書でも語られてるが、すなわち、音楽のみならず、次の世代への文化の伝承ができてない悲しさなのだろう。
 
ところで、この本は電子書籍の方が安く買って読めます。しかし、本書中出てくる「日経エンタテインメント」が電子書籍で読めないあたりも、なんだかなぁと思ってしまいます。
 
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
 
 
評価:
麻生 香太郎
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2013-01-22)
コメント:日本のポピュラーミュージック文化の衰退は悲しいことです。

読書メモ:「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

  • 2013.04.24 Wednesday
  • 16:42
最初に断わっておく。
この100万部以上売れた本について、いろいろな人がいろいろな書評を書いてると思うのだが、いろいろな人がどんなことを書いているか、殆ど知らない。幸か不幸か目に留まっていない。
ということを前提に、この本についてちょっとだけ語る。

最初に通勤電車の中で読み始めた。読み始めて、けっこう、いやな気持になった。
村上春樹の本で、読んでいていやな気持になったことって、記憶が無い。いやな気持にならないところが彼の書くお話の良いところだと思っている。
ので、通勤電車で読むのはやめようと思った。おそらくは、いやな気持は読んでいくうちに払拭されるであろうと、まとめて読める時間に読もうかと思った。

でも、結局のところ通勤電車で読み始めてしまった。
予想通り、いやな気持の部分は、ほんの最初だけだった。巡礼の旅が始まって、さらに没頭できるようになった。
いやな気持にさせることが、作者の意図的な仕掛けただったのかどうかはわからない。
仕掛けに過剰反応してしまったのかもしれない。

「幻想のパラダイス」という歌を少し前に作った。
過去の幻想のパラダイスに身を置いた記憶は、それを離脱しても、体に染み付いてしまっているという歌詞だ。
三分の一あたりまで読んだところで、思ったのは、そういう話だった。
でも、過去のこと、あるいは謎解きが主題ではないだろう。
巡礼していくことに意味があるのだと思う。

巡礼である。
冒険ではないのである(羊をめぐる・・)。
巡礼というのは、宗教的な行いである。

唐突だが、ちょっとだけ語りたいだけなので、これで最後。
多崎つくる氏が、最後、求めるのは「自信を取り戻す」ことだった。
そういうことで、この物語は、日本の国が「自信を取り戻す」ための巡礼を語ったお話であるのだと思う。
他の4人がたどった境地はそれぞれいろいろな暗喩。
ものづくり日本の巡礼。真幸く多幸く。
それは、宗教的であることが必要。そうだと思う。

Feel Your Spiritual Mind.

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

読書メモ:「キリナカ列車」秋葉信雄

  • 2013.01.07 Monday
  • 20:22
ノブさん、秋葉信雄さんの3冊目の本のタイトルは「キリナカ列車」。キリナカ・・霧中・・五里霧中。霧の中で迷っても秋葉ワールドで迷うなら、それは楽しみ。そんなワクワク感で読み始めた。

<音の向こう>
昨年の秋から冬、僕の興味は認識世界ということだった。人間の住む世界は認識世界。そのひとの認識が世界をつくる。人の数だけ世界はある。
認識世界を文章化することで状況描写が心理描写となる。物語の主人公にとっての認識世界を描くことが小説(短説だが)だからできる。それは、我々読者にとっては驚きだが、主人公にとっては自然な世界だろう。
横丁の通路がドブ川になってしまうのも、二重ドアの向こうから死んだマスターが声をかけてくるのも、トモコの顔がずぶ濡れのユウコになるのも、皆、主人公の認識世界においては自然なこと。
だけど、自分の認識世界に凝り固まった読者は、そこで「落とされ」る。その落とされ具合の面白さが序章の作品群。
このテイストは、ノブさんの最初の作品集「砂の物語」に近いと感じる、その分、安心して秋葉ワールドに入り込めた。

<導きし者>
導きし者とは、ノブさんを導きし者たちの物語なのだろうか。だとすれば、認識世界の続きで語るに、この章はノブさんの認識世界か。
恋愛遍歴?中国女に二度ふられ、ロシア、韓国、インド女は飛行船でせまる。
お酒をハシゴしながら総武線沿線をぶらぶらする秋葉さんが浮かぶ。
死去した詩人。
息子さんに昔に浸っていちゃいけないとガラスケースを揺さぶられる。
短説として絶品だと思うのだが「回向の丘」は難解。次の「案内人」を含め、ノブさんが父母から引きずっている重い何か(?)は、僕には理解できない。

<キリナカ列車>
そしてさらに一歩二歩と入り込んだ世界が繰り広げられる。列車の車窓は、目まぐるしく風景が変わり、作者のお楽しみ世界に連れられる。
国境警備隊だの、有名教授だの、たぬきを食べた白鳥だのそれを食べた飛行機だの、ロボット鳥だの。
キツネの体位で抱き合ったり、おでんの具になったり、カッタウェイ人間になったり。
そして表題作キリナカ列車、秋葉ワールドに弄ばれるのは楽しいことだ。

<別れ道の女たち>
これは、ラブソング。それも、大人のラブソング。
「別れ道」の会話なんて見事。大人のウソのつきかた。
「耳の記憶」女の頭を片腕に乗っけて電話を受けるだけのラブストーリーなんてカッコイイです。
と、最後の「親子」や、その前々の「優先席」の構成は、ラブソングのコーナーという訳でもないらしい。
女たちは、女たちに対する自分ではなく、女たち自身のストーリーという意味なのか、謎は謎のままにしておこう。

<アジアの底>
序章が「砂の物語」のテイストなら、終章はノブさんの2冊目の作品集「DEAD DECEMBER」のテイストか。
国際スパイ小説のような。「ロング・グッバイ」なんて、まるで映画の一シーンみたいだ。あるいは、「ダムの底」や「校外授業」なんてドキュメンタリー番組みたい。
乾いた余韻を残して、ノブさんの運転するキリナカ列車は終着駅へ。

「あとがき」にあるように、この本の制作にあたって、僕が少しでも関われたのなら、それは、自分としても大変うれしいです。こんな風な、ひととの関わりは、とてもうれしいし、ノブさんや、その他、関わりに至るすべてに感謝したいと思います。

ところで、今回、この本を読んで作った歌は、こんな歌でしかなかった。少しごめんなさい。

JUGEMテーマ:自分が読んだ本


読書メモ:「Dead December - 死んだ師走」秋葉信雄

  • 2012.09.28 Friday
  • 09:06
行きつけのフォーク酒場で、おなじみのノブさんの、
2冊目の作品集を、Amazonでは入手不可だし、ご本人から買おうと思ったところ、
いただいてしまった。
ありがとうございます。

まずはDead Decemberという本のタイトルだ。
かなり、ぐっときた。
かっこいい。相当かっこいいタイトルだと思った。

わくわくしながら、本を開き読み進めていくと・・
あれ?
前作品集「砂の物語」と、テイストが違う。
前作と違って、はっと驚かされることが少ない。
過去と今、あるいは、今と未来をつなげることで
醸し出される時間のズレ感覚が、前の連作の肝だと思っていたのだが、
どうやら今回は違う仕掛けをかけられたようだ。

個々の短説の作品ごとに受ける感動は前作の方があった。
だけど、読後の全体へインパクトが、今回のほうが確実に強い。
強いのだが、しかし、そのインパクトがどんな種類のインパクトなのか、
言葉にするのがむずかしい。
何とも言えない読後感。

前作で、僕が連作のポイントだと思った「時間」ということでは、
今回の各作品では、時間の移動は少なく、
場面を切り取ったような作品が多い。

しかし、その場面で複数の人間で語られる各国の言葉、
中国語・韓国語・英語・ロシア語・xxxx語
英語だけで書かれた作品すらある。
いろいろな人が、いろいろな言葉をしゃべっている。
けれど、
そこは何処の話なんだろう?

前作のレビューで、時間の連続性を乱すのは人間の幻想だと書いた。
本能だけで生きているなら未来は予測可能だが、
幻想の中では過去と今、今と未来はつながらないと書いた。

幻想を作る要素を、前回のレビューでは、「家族」に求めた。
(今回、家族の登場は少ない)
幻想を形づくる思考、それを、家族よりもっと根元をたどれば、その民族全体、
そして民族の思考は民族の言葉として結晶する。

言葉だ。
中国語・韓国語・英語・ロシア語・xxxx語。
それらの言葉が、縦横無尽に登場することで、単独の言語性を失わせる。
そうして、言葉に基づいた思考、幻想を曖昧にする。

そう。
幻想を曖昧にすることで、幻想に上塗りされない本質を燻し出すこと、
それこそが、これら連作に込められた仕掛けなのではないかと思った。
醸し出された本質は、心の奥底へと訴えるインパクトとなって
何とも言えない読後感を作ったのだろうと思う。

次の作品集も、期待してます。

 
JUGEMテーマ:自分が読んだ本

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM