旅の記録 (島に引っ越したから初めての東京埼玉の旅)

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 21:46

旅の記録

 

7月24日〜30日、6泊7日で東京埼玉の旅をした。
石垣島に住むようになって、初めて純粋に遊びで東京へ行ったのだった。音楽ばかりしてたから、東京埼玉ツアーだとも。

 

【一日目(7/24)】
東京に到着していきなりの夜、恵比寿のライブバーYaYaにてブッキングライブ。客としても行ったこともない初めての店だ。

島で暮らしてると、昔のように、新しい店でアウェイ感でドキドキしながらのライブができない。そんな、新鮮さを求めて、お店主催のブッキングライブに出演した。

4名のブッキング、私のほか3名は何回かお店で演ったことのあるひと、いずれも、ソロの弾き語り、私のほかは、ギター1名、ピアノ2名。新鮮な音楽のちからを浴びた。

大学時代からの友人山口君が仕事帰りに駆けつけてくれた。ありがとう。

 

【二日目(7/25)】
ゴジラを観た。映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」だ。東京都内のロードショー上映のおおむね最終日がこの日。東京に行ってるうちに観れたのはラッキーだった。島には映画館が無いのである。映画館で映画を観るのは、東京へ行ったらすることリストのひとつ。
そのあと、秋葉原を少しぶらついて後、ゆぴさんの実家へ。近況などを語り、ランチをごちそうになった。ゆぴさんの両親、妹、甥とずいぶん長く話をした。
夜は錦糸町のフォーク酒場「ベビーロック」へ。かつて通ってた頃の常連さんたちと会えなかったのは残念。バンマスとママさんは相変わらず。

 

【三日目(7/26)】
古本を物色しようと神田神保町へ出る。ところが、朝の時間に行ってしまったが、古本屋の多くは11時以降のスタート。それならばと、それまでの時間を過ごすのにマッサージ屋へ。ところが、そのお店がハズレ。冷房が効き過ぎで寒いし。
そのあと、気を取り直して古本物色。でも、あまり物欲がわかない。そのまま、お茶の水まで歩いて楽器屋街へ。ここでも、あまり物欲がわかない。ライブに向けて予備弦を買うにとどまる。
いったん、宿にもどって、ギターをかついで蔵前のライブバー「スローライフ」へ。スロラは東京でのホームグラウンドだった店。大学時代の友人がやってる店だ。

ここでツアーのメインライブ「妄想ライブ」を企画した。ライブの開始は19時半からだが、その前にオープンマイク風に、集まってきた何人かに歌ってもらった。島にいると、友人たちの歌も聴けないからね。
19時半ライブ開始、前半8曲、後半8曲、アンコール2曲、都合18曲で2時間ぐらい演った。

大画面も使ってフルコースのライブ。

とても楽しく歌えた。

多数のかたに来場いただいた。ありがとう。楽しんでもらえただろうか?
相変わらずと思ってくれたか、ちょっとは上達を感じてもらえたか?

 

【四日目(7/27)】
朝は「朝カフェの会(品川)」に行ってみる。朝カフェの会は、自由参加で朝カフェをしておしゃべりする会。全国で開かれている。さいたまに住んでた頃からいくつかの朝カフェに参加して、自分でも主催していた。

品川のそれには、初めて行った。知った顔は無かったが、初めてのひとと会話するのもうれしい。


そのあと、上野へ出て国立博物館へ。仏像など観る。国立博物館は色んな人と思い出の場所。

島にいるとなかなか感じられない日本古来の情緒を堪能した。

つづいて、新宿御苑近くのライブバー「Only Yesterday」へ。この店は、僕が引っ越す少し前に開店して、行きたいと思いつつ、結局、行けないままだった店。常時オープンマイク形式のライブバー、土日は15時から開店してるというのが特筆。

16時前から18時くらいまで過ごして何曲か歌った。もう店を出ようとする間際になって、偶然にも数日前まで石垣島へ行ってたという人が入店。一曲セッション。そういう偶然の出会いがうれしい。


夜は、東中野「じみへん」で、佐藤龍一さんのライブを観る。

初めての店、初めて観るベースの大浜さんとの演奏。なのに、とても懐かしい気持ちになった。

レンジの広さと龍さんは言う。ベースが加わることで、音のレンジが広がる。ベースがリズムをつくってギターがリードにまわることができる。ベースがリズムを際立たせることで、アコギ一本では難しいリズムの曲を奏でることもできる。なるほどと。

ベースの大浜さんが、楽しそうにベースを弾くのがいい。龍さんのMCでの掛け合いもいい。

龍さんのライブを観ると、いつもそうなのだが、様々なことが充填される。充填して充電して自分の音楽のエネルギーになる。

 

【五日目(7/28)】
日曜日は埼玉デー。
朝、墓参り。父母、祖父母の眠る墓に、いつものように百合の花を供える。


昼食に娘々(さいたまで有名なラーメン屋)のスタミナラーメンを食べたいと思った。

だが、本店、北浦和店は12時開店で、そのあとの予定を考えるとちょいと難しい。そこで、少し駅から歩くが11時開店の与野店へ。知る人ぞ知る看板の無い与野店である(島には看板の無いさしみ屋がある)。美味しくスタミナラーメンをいただく。

12時すぎに南浦和「宮内家」へ。埼玉のアコースティック音楽の聖地。オープンマイク(この店のオープンマイクはショートライブと言ったほうがよい)に参加。

三曲歌う。

・ヤギのお母さん

・涙のさいたま新都心

・さしみ屋

いつものように強者のアマチュアミュージシャンが多数。とても刺激になる。二年半ぶりの参加だが、知ってる顔もちらほら。親しく声をかけてきてくれたジバン君は、二年半前よりずいぶんとパワーアップしてた。

みんなのギターを聴いてると、もっと良いギターが欲しくなる(物欲ちょい上昇)。

夜は大宮の「スコア」で埼玉界隈の友人たちとの宴を企画した。僕とMUSEのお二人のブッキングライブと、そのあと、来てくれたひとでオープンマイク的な。「頭慢を囲む会」とユキさんが名付けてくれた。

少し前に石垣島へ遊びに来てくれた、FUSE(というお店がかつて武蔵浦和にあった)のジェーンとターザン。二人して埼玉の奥地から来てくれた。FUSEが店を閉める直前の頃に、僕は足しげくそこに通っていて、近くに住む大学時代の友人を呼びつけては歌って遊んだ。MUSEのユキさんとユウさんもFUSEに関係深いお二人。

ほかにも、埼玉界隈の友人たちが多数来店。ありがとう。

さいたまに住んでた頃の知り合いの、与野の猫カフェ「ルディ」のご夫妻も駆けつけてくれた。とてもうれしい。引っ越す直前にマージャンをしたのが不思議な思い出。

ARIさんのことも書いておこう、ARI工房さんは、かつて、宮内家のオープンマイクで知り合って、飯田橋の「サウンドボンズ」というお店でよく会ってたかただ。Facebookで久しぶりにつながったのは今回の旅の少し前。そうやってつながって、スロラのライブと、こちらのイベント連日足をはこんでくれて、人の縁は不思議なもの。おみやげも色々いただいた。いただいた醤油で石垣島のさしみ食べてみた。ばつぐんに美味しいお醤油でした。

宴のさいごは、酔っ払いたちでグダグダ。でも楽しい宴でした。いいかげんな企画でお店を使わせてくれたスコアの田島さんにも感謝です。

 

【六日目(7/29)】
東京埼玉ツアー、六日目ともなると、結構、疲れてる。

どこか温泉へと考えて、天然温泉ではないのだがスーパー銭湯「浅草ROXまつり湯」へ。石垣島には温泉が無い。おおきなお風呂に入れる場所も限られている。そこで、行きたいリストに温泉は加えてた。ゆっくりと湯につかり、ゆっくりと昼寝をして過ごした。

六階の露天風呂からはスカイツリーが見れてよいのだが、思い切り外気を吸い込む気になれない。


夕方に佐藤龍一さん宅へ。なぜこんなに懇意にしていただけるのか、ほんとにありがたい。今回も、東京へ来るなら一緒に食事でもと声をかけていただいた。

お宅へ伺い、音楽談義(ほとんど聞き手ですが)。DTMな話題で、機材、ソフトなど見せていただく。そして、サウンドデータの解説などしていただいた。むちゃくちゃうれしい。そして、DTMのモチュベーションはゲージが降り切れるくらいに高まった。というか、肩のちから抜いて、なんでもやってみればいいということなのだろう。

その他、色々なこと充填(充電)した。おなかいっぱいはちきれそうだった。

 

【七日目(7/30)】
羽田へのバスが前日の時点で予約満席だったのは想像力が無さすぎだった。はやくに予約を入れればよかった。前日の段階で気づいて、作戦を練れたことでよしとするか。結局、別の発着場まで電車で行き、そこからバスが楽と判断。朝のラッシュと重ならないような行程を考えるのがすこし大変だった。
ラッシュと重ならないことも考えて、とても余裕のあるフライトまでの時間となった。でも、空港でゆっくり過ごす時間は好きだ。

東京へ行ったらすることリストのうち、駅の立ち食いソバ食べるのがかなわなかったのを思い出し、駅ではないが空港内で立ち食いソバを食べた。石垣島で暮らしてると駅の立ち食いソバは食べられない。
そうして、あっという間の三時間半のフライトで島へ戻る。島の空と海は青かった。

 

濃密な六泊七日の東京埼玉ツアーだった。行く前に作ったすることリストは殆んどこなした。かなわなかったのは、大きな神社へ行くことくらいだったか。五日目まで、どこかしらで歌ってた。
島に居ては得られない様々なエクスペリエンスを得られたのだった。

よく歩いた。
 

JUGEMテーマ:旅行

長野紀行 - 北陸新幹線E7系試乗会に端を発するちょっと一人旅 その4 −

  • 2014.02.11 Tuesday
  • 16:36
【2月9日】
戸隠神社のあとは、やっぱり、長野へ行ったからには善光寺参りしとかなくちゃかな。と、戸隠神社からのバスを駅へ着く前に降り、善光寺へ。

善光寺をそそくさと廻る。

善光寺とその周辺は、昨日の雪の影響も殆ど無いかの如く結構な賑わい。戸隠で食い損ねたそばを、善光寺周辺で食おうかと思ったらば、目をつけていた店は行列。行列に並んで飯を食ってはならんという父親の遺言であるので、諦めて駅へ向かう。
善光寺から駅へは歩いて30分ほどであるのだが、バスもたくさん走ってる。バス停にバスがちょうど来たので乗り込んで長野駅へ。

さて、行きは新幹線試乗会の新型新幹線で来たわけだが、片道切符。じゃあ、帰りは新幹線でなく、ドン行列車の旅を楽しもうかなと考えた。考えちゃった。止めとけば良かったかも。
13:14発、小諸行きのしなの鉄道線に乗り込む。

途中、戸倉下車。戸倉に下車したのは、温泉に入りたかったからである。戸倉上山田温泉。
駅前の看板が泣ける。

なんだか、テルマエロマエに出てくる、昔流行ったけど今はすっかりさびれてしまった温泉街っぽい。
さて、よせば良いのに駅から歩いて温泉へ向かった。20分。なんだか、戸隠神社へ行って歩くのが平気になっている気持ちと、雪にやられて頭が働かなくなってた模様。バスのリサーチぐらいすれば良かったと後からは思う。
でも、無事温泉に入れた。しかし、ターゲットとした観世温泉は、観光温泉というよりも、地元のひとたちの銭湯。でも、銭湯のひなびた感じは良かったし、何よりも温泉の泉質が良い!足腰もみほぐしながら温泉を満喫。

戸倉駅にもどって、15:04発、小諸行き電車にのりこんだ。

さらに小諸から電車を乗り継いで、軽井沢へと向かう。

軽井沢から横川までは、今や在来線は走ってないので、碓氷峠を越えるJRバスへと乗り込んだ。

横川で、峠の釜めしをお土産に購入。当然、おぎのやの釜めしである。ここで、おぎのやでそばもいただいた。そばも美味しい!

ここからも、ドン行列車。高崎行きに乗り込む。

高崎から大宮へもドン行列車だが、ちょっと色をつけて、1本電車を見送り、快速シーハイル上越というのに乗ってみた。特急列車車両で快適(ちょっと)に、大宮まで仮眠。


ということで、この日の前半は戸隠雪山登山、後半はドン行列車の旅であった。
ちなみに長野から大宮まで新幹線なら最短1時間7分、ドン行だと途中バスも含めて4時間31分。新幹線だと5,780円、ドン行だと3,980円。1,800円の差で3時間半の短縮と考えると、長野新幹線コストパフォーマンス高いです(いや、昔は軽井沢-横川もつながってたし、ドン行使っても、もっと速かったんじゃないかと思うけど)。それを身をもって体験したのでした。
でも、行きの試乗会は、5時間遅れだったから、なんだ、ドン行の方が勝ったじゃ〜ん〜!

おしまい

JUGEMテーマ:旅行

長野紀行 - 北陸新幹線E7系試乗会に端を発するちょっと一人旅 その3 −

  • 2014.02.11 Tuesday
  • 16:25
【2月9日 その1】
実質この一日の一人旅。いちおう予定は作っていた。とりあえず、一人旅の当初予定は無謀なものだ(そうだったけか)。
だいぶ昨日の新幹線のアレで、気持ちが折れそうになって、家へとんぼ返りしたい衝動もあったのだが、予定の6時起床。起きて天気と電車の運行状況をチェック。今日は回復してそうだったので、計画を実行する気持ちになった。

戸隠神社へ向かう。
その奥社は山の上。普通で歩いても40分の傾斜を登る。それが、昨日の雪で容易じゃ無いことは予測できた。
コンビニで準備を整える。スポーツドリンク、レギュラーコーヒーをポットに、ウイスキーの小瓶とチョコレート。
戸隠神社へは、長野駅からバス。中社まで一時間強。バス乗り場の観光センターのおねえさんに一応状況を聞いてみた。「おすすめしません」とは言われた(笑)。
7:00バスに乗り込む。バス内は大半がスキー客か。あっという間の1時間で中社宮前へ。
ちなみに、バスは夏場は奥社まで運行しており、冬は中社経由で戸隠スキー場の方へ向かう仕組みになってる。
8:10くらい。中社宮前バス停で降りたのは僕の他1名の女性。その人は、そそくさと奥社方面へと歩いて行った。後を追って奥社へ向かおうとも思ったが、予定通りまずは中社へお参りとする。

バス停から中社へは、傾斜(階段)を少し登るだけ。雪も驚くほど積もってる状態ではなかった。もっとも境内あたりは、除雪車が通った後だったけど。

境内は、まだ、物販も開いてない時刻。それでは、ご神木にご挨拶したら奥社へ向かいますか。


8:30、奥社への道をスタート。中社から奥社へは、夏場であれば山道もあるのだが、雪の中そんなルートはたどれない。素直に県道を行く。

バスは奥社へ行ってないが、冬でも自家用車で奥社前まで行くことは可能で、実際、県道は奥社方面へ車が走ってた。そこをとぼとぼと歩く。道は右へ行くとスキー場へのとこをまっすぐ行くこと注意だけで、迷うことは無い。
ただ雪が少し凍っていて滑りやすいとこも有るので注意しながら歩く。通常中社から奥社までは徒歩20分。雪道だったので、実際は30分かかった。
8:56、奥社入口の看板が見えてきた。

奥社入口にはトイレがあり、小用を足す。この時点で、朝買ったスポーツドリンクを飲みきってしまっていたため、自動販売機を探すのだが、トイレ近くのそれは雪に埋もれて辿り着くことが不可。仕方ないので奥社参道へと進む。

参道の鳥居の前に「なおすけ」というそば屋があり、そこに自動販売機があるので、スポーツドリンクを仕入れて安心。その店では長靴やスノーシューやストックとかのレンタルもしている。いずれも200円。トレッキングシューズを履いては来ていたのだが、お店のおかみさんに聞いたら長靴必要とのことだったので、レンタルした。履いていた靴は預かってくれる。ついでに荷物も預かってくれないのかというのは聞きそびれた。でも、お店のおかみさんがすこぶる親切であった。「おとといまではスニーカーでも行けたんだけどねぇ。でも、新雪でふかふかだから気持ちよいですよ。」と。いや、スニーカーで行ける時に行きたかったです(笑)。長靴に履き替えた。


さて、鳥居をくぐり、いよいよ参道をゆく。
9:10くらいにスタート。歩き出してすぐ、息が切れる。10分おきに休憩だなぁ。ゆっくり行きましょう。
参道を行く人はというと、僕の前に一人だけ。先のそば屋でストックを借りて僕より先にスタートしたスノーシューの人だ。最初は僕の方がペースが速く、追いつきそうになったのだが、僕が休み休みだったため途中からはだいぶ離された。いずれにしても、先に行ってくれたおかげで轍を作ってくれたともいうが、スノーシューの後は、長靴で歩くと結構歩きにくかったりした。スノーシューの他に先達の足跡があり、それをメインに踏んづけて進む。
9:21あと1400mの標識。

9:29、歩いているとお猿見っけ。いや見つけられたのかな。二匹木の枝に止まってる(写真、わかりにくいかも)。さすが、ニホンザル最北端に住む猿種である。雪の中が似合う。

9:35、随神門到着。

ここは、参道の入口から奥社への中間地点。所用25分。けっこう良いペースで登ってきたことになる。随神門では、撮影をしている人がいた。スノーシューでない足跡はこの人のものだったのか。門で休憩。撮影の人に挨拶をかわして先をゆく。
このへんから道の両側の杉がすばらしい。

9:45、有名な木の洞。中へ入れるらしいが、雪深く入ったらでれなくなりそうだったので断念。

9:49、あと480mの標識。実はここからがきつかった!

10:03、フェイントの鳥居は、おそらくこれが九頭龍社か。雪で近づけない。

10:06、奥社が見えてきた。このあたりで、先達のスノーシュー氏の帰り道とすれ違い挨拶を交わす。

10:10くらい、奥社到着。すっかり鳥居も埋まってる。すなわち参道入口から奥社までちょうど1時間かかったことになる。

奥社前は屋根があるので、雪も無くしばしの休憩。

奥社前でコーヒーを飲み、チョコレートをつまみ一息ついて帰り道。

帰りは結構余裕。しかし、誰も居ない雪の中である。

帰りの随神門付近で何人かとすれ違い挨拶を交わす。外国人のかたも。それでも、結局、奥社参道の行き帰りで出会った人は10人に満たなかった。
11:00、参道入口のそば屋まで戻った。帰り道は40分といったところだったか。長靴を返却。相変わらず親切そうなおかみさん、そばを食べていきたい気もしたが、食べるなら中社まで戻ってからと挨拶をして出る。
11:30前、中社まで戻る。この時点での時刻次第で、戸隠そばを食っていく算段だったが、ちょうど11:30発のバスが来る時刻、バスは1時間に1本。少し迷ってバスに乗っちゃうことにした。

ここまでが、2月9日に戸隠神社へ行った記録。メインの行事は戸隠神社だったので、これで帰っても良いくらいだったのだが、この後、結局、当初の計画通りの行動とす。

つづく

JUGEMテーマ:旅行

長野紀行 - 北陸新幹線E7系試乗会に端を発するちょっと一人旅 その2 −

  • 2014.02.11 Tuesday
  • 15:49
【2月8日】
この日は、関東地方を含め日本の太平洋側で大雪。さいたまも朝から雪。

予定よりも早めに、試乗会に連れてく甥っ子と義妹が我が家に到着。義妹は試乗会新幹線の後から長野へ向かい、甥っ子と合流するとのこと。甥っ子は小学6年生、僕的には過保護な気もするが、知ったこっちゃ無い。
さてと、その3人連れで大宮駅へ。
大宮駅に試乗会の乗車証引き替えの時間5分前ほどに着いたが、すでに引き替え場所は行列、かつ引き替えも始まってた。

乗車証の引き替えには身分証明が必要で、運転免許証を見せて二枚の首下げ乗車証をもらう。

それから、ノベルティの入ったお土産袋をもらう。入っていたのは、キーホルダー、ピンバッチ、クリアファイル、それと、トランベールとか小冊子。

ちなみに、転売防止に乗車証の引き替えには身分証明書提示が必要であったけど、引き替え後に誰かに渡すというのはできちゃう模様。引き替えの後にはノーチェックである。これなら、乗車証2枚、義妹母子にあげちゃっても良かったね。

それから、乗車まで待つことしばし。雪のため新幹線の入線が遅れてるとのアナウンス。はやくも雲行き怪し。改札内へは専用の入口から入るようになっていたが、入場予定時刻を過ぎても開場しない。行列が伸びる。

ようやく、改札内へ入り、新型新幹線にお目にかかる。ノーズの青い部分がすっかり雪をかぶって白くなってるのがせつない。この時点で、16:20。すでに発車予定時刻を過ぎてる。

さて、座席に乗り込んでからも長い待ち時間。試乗会が行われるかわかんないのアナウンスが何回も流れ、車内沈滞ムード。
17:24、大宮で立ち往生してる原因は雪のためのポイント切替えトラブルとアナウンス。いったん上野まで行き折り返して長野まで行くとのこと。
ところが、一向に発車しない。E2系はやてと並んだシーンが撮れた。

18:24、こんどは上野駅へ向かうポイントトラブルで上野までも行けないとアナウンス。
18:35、上野へのポイントはなんとか回復し、電車がようやく動き出す。上野へ向かう。
上野で折り返して大宮を過ぎる。予定外に我が家付近を通過することとなり、マンションを写真に納めようと試みた。なんかマンション写ってるけど、うちのマンションかどうかはいまいち不明。

20:08、順調に動き出したかのように見えたが、高崎手前でまたもやポイントトラブルで、停車。これも、少しの後回復したが、新幹線が何台か止まっていたらしく、動き出しまでには時間がかかった。
20:31、さらに高崎を過ぎた後、上越新幹線との分岐で切替えトラブル。またもや小停止。しばらくして動き出した。
21:01、長野駅到着。試乗会の到着予定時刻より4時間遅れということになった。憧れの新型車両をこんなに満喫できるなんて(白目)。
長野駅で義妹に、甥っ子を預け渡して一人となった。これから一人旅の始まり。

予定としては長野に着いた後の計画は次の二つ。
・長野駅近くのフォーク酒場へ行き歌う。
・灯明まつりをやってる善光寺のライトアップを見る。
しか〜し、4時間遅れ到着のおかげでこれらの計画はつぶれ。残念。でもそんなもんだよね。
予約を取っていたビジネスホテルへチェックインして、何か食べようと夜の長野の街へ出る。しかし、雪が結構強くなっており、部屋に傘も忘れてしまってたので、ホテル近くのラーメン屋で夕食とす。後で調べたら遅くまでやってるそば屋とかもあったみたい。この時点で少し冷静さを失ってたね。
ということで、今日はもう寝ようとベッドイン。
ところで、停滞する試乗会車内で、同じ列車に乗ってた見ず知らずのかたと、ずっとツイッターでチャットしてた。同じ空気を感じてるかたとお話できたのは楽しかった。そのかたにもオヤスミと挨拶。一期一会。

つづく

JUGEMテーマ:旅行

長野紀行 - 北陸新幹線E7系試乗会に端を発するちょっと一人旅 その1 −

  • 2014.02.11 Tuesday
  • 15:11
【2月7日】
♪明日私は旅に出ま〜す♪
明日さいたまは雪の予報。その雪の中、さらなる雪が降ってると思われる信濃路へ向かう。

大宮15:54発、長野行きE7系新幹線。すなわち、北陸新幹線試乗会というやつだ。
なんの気なしに試乗会の抽選に応募して当選。っつーかこういうのは、僕の場合、つい当たっちゃう。
でも寒いし、先週までは行くのやめようと思ってた。
けど、当選倍率61倍とか、ヤフオクで高値ついてるとか、そういう記事を読んでるうちに、なんとなく乗んないともったいないのかなという気持ちがしてきた。で、乗ることにした。
しかし、片道切符。17:01長野到着。17時の長野に放り出されるのである。

試乗会の招待は、私の他1名様。甥っ子のとこに電話したら、行くと言うので連れて行く。甥っ子は来年中学になる歳だが、強度の鉄っちゃんである。当然、この試乗会も応募したのだが落選したらしい。中学受験には受かったのにね。同行しても良いと言ったらいたく喜んでた。連れてくが長野に着いた後は面倒見ないから勝手にせよと。

つづく

JUGEMテーマ:旅行

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM