石垣島の音楽事情(素人弾き語りミュージシャン視点)

  • 2017.04.22 Saturday
  • 11:25


島に、純粋なライブハウスは無い。
ライブバー、すなわち、ライブが無いときは、普通の飲み屋という形態の店が3つ。
3つともキャパシティは80〜100人くらいの大きめ。

コンパクトなライブバーは無い。
セッションバー形式なとこは無い。セッションイベントも無い。

 

島に、フォーク酒場という言葉はない。
フォーク酒場っぽい店はある(よく行ってる)。
フリー演奏形態で、2曲回しみたいなルールは無く、好きなだけ歌う(長さは空気を読んで)。
フォーク酒場っぽい店は、よく行ってるとこと、僕がソロライブ演るとこと、あと、もう一軒、行ってないとこがあるらしい。
三線酒場っぽいお店は他にもある。

 

主にプロミュージシャン出演だが、普段は普通のカフェや飲み屋な所でライブ開催というのは、よくある。そういうのをよく開くお店というのがある。

 

ブッキングライブというのが無い。
すなわち、店がオープンに募って演者がエントリーして、3〜4組の演者が対バンで共演する形式の、お店主催ライブというのが無い。
持ち込み企画や、ハコ貸しは可能。
ブッキングライブが成立する、エントリー演者の数が島に少ないからと思われる。

 

オープンマイクという言葉はない。
オープンマイク的なイベントはある。
ライブバー,留藜團┘鵐肇蝓爾OM的月イチイベントと、ライブバー△療垢演者に声かけて企画のOM的月イチイベントがある(こっちはOMというよりフェス的かな)。やはり、2曲回しみたいな周回する形態ではない。
その2つしかない。細々と仲間うちでやってるミュージシャン主催OM的イベントは他にあるみたいだけど。

 

島では素人でも出演料(チャージバック)があるのが普通らしい。
内地でセミプロまがいなことをして出戻りが出演することが多かったからかもと聞く。
演者がチャージ払って出演、あるいはチケットノルマ方式は無い(前述したように、ブッキングライブ形式が無い)。
投げ銭ライブというのもきいたこと無い。

 

リハーサルスタジオが1件ある。でも看板も出てなくて、ほとんど口コミで利用らしい。未確認だが、島に来たプロミュージシャンが利用する?謎のリハスタが、もう1つあるらしい。
海辺で練習する弾き語りストもいる。
路上でドラム練習してる人も見たことある。

 

そこそこ、プロミュージシャンが島に来てライブする。細々とやってるミュージシャンは、交通費の問題もあるだろうけど。
島出身のミュージシャンが凱旋というのはよくある。知らない人なこともあり、見に行った事は無いけど。

 

ということで、みんな、音楽しに島へ来てね。

 

JUGEMテーマ:音楽

御嶽 −島人の神様

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 23:20

 

御嶽 −島人の神様

 

大浜小学校あたりの海岸から北に、海に臨む赤い鳥居が見えた。
その鮮やかな赤色に誘われて、近づいてみる。が、国道390を少し車で走って海岸へ行ける道がなかなか見つからない。後から辿ると、国道沿いにその鳥居の場所はあったのだが、車を着ける場所はなかった。

結局500メートル以上も先に行き、「大浜海岸」と書かれた看板を海岸に折れると駐車スペースがあった。そして、海岸沿いを戻って、鳥居のところまで歩いた。

鳥居は「船着御嶽」の入口であった。海の中から階段があり、それが鳥居へ通じている。船着とあるので、もともとは船着き場から辿る御嶽だったのかも知れない。

 

御嶽は、沖縄本島では「うたき」、八重山(石垣島周辺の島々の総称)では「おん」という。
御嶽は、内地の神社の原型を残した(原型を残したまま独自の信仰が継承された)社である。元々は、自然崇拝や先祖崇拝の聖地で、そこに人工物は無かったとのことだ。
しかし、今、島内でみかける御嶽は、たいてい鳥居があり、敷地内に社殿がある。社殿は内地の神社の拝殿のように、社殿の先に拝礼の場所(神社で言えば本殿)がある造りとなっている場合もあるし、社殿の中に拝礼の場所がある場合もある。
社殿は、コンクリート造りの小さな建物であることが多く、台風に備えてか扉が閉まってることがしばしば、四方が囲まれていない社殿(?)の場合もある。

 

元々が自然崇拝であるために、歴史的には、鳥居や社殿は、内地からの影響あるいは指図によって造られたものであるらしい。
ところで、幾つかの御嶽を見て気づくのは、鳥居はそれなりに立派な造りであるのに対し、社殿は簡素な造りとなってることだ。この船着御嶽の鳥居も美しく赤に染められているし、大浜小学校近くの御嶽の鳥居も美しい木目の造りになっていた。
それについて、考察するに、内地から鳥居や社殿の建造を求められたとき、鳥居は神の聖域の境として構築することに納得できたものの、社殿は聖域に建てる人工物として神の土地を穢すものと考えたのではないだろうか。
そのために、鳥居はしっかりと造られたものの、社殿は実用的な造りでしかなかったと想像する。

 

そもそも、御嶽は内地の神社のように、お参りの場所ではない。
内地の神社といえば、日常、付近の人々が手を合わせるのも普通であるが、御嶽は祀りを行う場所であり、お参りの場所ではないのである。だから、社殿(拝殿)が人目を惹くものである必要も無いのである。

 

祭事において、神に仕える女性が祈りを捧げる場所が、御嶽である。すなわち、普段、そこには神様はいない。祭事の時に神は降りてくる。
すなわち、御嶽は、普段の日に訪れて神頼みをしたり、おみくじをひいたり、正月に初詣をする場所ではないのである。身近な神様がいる場所ではない。

 

島人は、そういう宗教観で暮らしている。それは内地の宗教観とは、ずいぶん趣きを異にする。
もっとも、僕もさいたまで生まれ、関東の人間の宗教観しか持ってない。それは、例えば関西地方や東北地方の宗教観とは違うと思う。
けれども、内地と八重山を含め沖縄とでは、心の奥底にある神様の違いが、ずいぶんあるんじゃないかと思う。

そして、そうした神様の違いという観点で、沖縄にまつわる日々のニュースを見るのも、ちょっと面白いかとも思うのだ。

 

ちなみに、神様の違いということでは「猫の観察からわかること」を島で歌うのは、いかがなものかと思ってしまう。
 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

引っ越しはゆうパックで

  • 2017.02.10 Friday
  • 18:03


引っ越しはゆうパックで

 

さいたまから石垣島への引っ越しするにあたり、引っ越し業者は頼んでいない。
まず、大きなものは一切持ってこなかった。冷蔵庫や洗濯機はこちらで新調。棚だのタンスは、さいたまの家は殆ど備え付けだったが、こっちの家も大きな食器棚があったり、備え付けの収納があったりで送ることは無かった。

 

いちばん大きな荷物は自動車。自動車は引っ越しを機に軽自動車に買い替えるつもりだったのだが、島の人の意見としても、こっちで買うのが良いという人と買って持ってくるのが良いという人がいて迷った。結局、さいたまで中古の軽自動車を買って運んだ。有明港まで自分で車を持ってって、石垣港で受け取るという方法で78,000円。車の中には荷物満載で。港の運送業者に「助手席まで乗っけないで」と怒られたが、なんとかセーフにしてもらって、ギターだの車椅子だの、大物の荷物を車に乗っけて運ぶことができた。

 

次に大きな荷物は家庭用サウナ。高さ170cmほどのサウナを運ぶにあたって、ゆうパックや宅急便ではサイズオーバー。最初、ヤマト運輸の「ヤマト便」を利用しようと思ったのだが、Webページでは宅急便を超えるサイズの荷物をとか書いてあるので、しっかり分解梱包して集荷依頼したところ、重量オーバーと。ちなみにサウナの重量は80kgほど。ヤマト便のWebページには100kg等々の場合とか書いてあるので、とうぜん、そのくらいのサイズはOKと思ったのに、ひとりで運べるくらいの重量までと断られた。腑に落ちない。
結局、「らくらく家財宅急便」を頼むことに。これは梱包からやってくれるサービスなので、自分で梱包してしまったことが無駄になってしまった。けど、集荷に来たひとが、梱包までやってくれたのでと、サイズランク下げて値引きしてくれたみたい。石垣島までDランク28,566円、プラス500円の保険をかけて、合計29,066円。

 

あとの荷物はすべて、自分で箱詰めして、ゆうパックで送った。5回に分けて、ダンボール合計65個、送料合計116,720円。実際はダンボールを買ったり梱包材を買ったりしているので、もっとかかっているが。
ちなみに、ゆうパックは宅急便より安い。それから、同一送付先に10個以上送ると数量割引がつくので、さらに。

 

あと、猫を運ぶのに、6,000円×2、12,000円。さいごに飛行機に荷物を預けるのに重量オーバー4,000円(だったかな)。

 

ということで、合計してみよう。78000+29066+116720+12000+4000= 239,786円。
もろもろをプラスして引っ越し代25万円。
安かったか高かったか。

 

あ、ちなみに、この引っ越しのやりかたは、ゆぴさんが先行して島に行ってて、受け取る人がいてこその方法である。

 

写真は家庭用サウナ


 

JUGEMテーマ:日記・一般

47歳 ー 石垣島の暮らし、その2

  • 2017.01.23 Monday
  • 20:47

 

【47歳 ー 島の生活、その2】

 

その人は47歳で床屋さんになることを目指したという。

100歳まで出来る仕事は何だろうと考えて、床屋になろうと思ったのだそうだ。そうして通信教育で床屋の資格を取って開業している。島で初めて行った床屋のおかみさんの話だ。

 

今58歳で、開業して2年とのこと。資格を取ったものの、実際に仕事を始めるまでには期間があったとのこと。

親が亡くなって、偶然にその後すぐに、開業出来る物件があってと、そんな流れに乗って店を開いたとのここと。

 

自分で動くことと、何かに動かされることの調和。自分で動くことは直ぐにできるけど、何かに動かされるのは自分の感知しない時期、タイミングがあるのだ。そのタイミングが来たことを敏感に感じ取ることが大切なのだろう。

 

おかみさんの床屋の腕はすごく良いわけじゃない。散髪に時間もかかったし。たぶん、東京で店を出しても、商売にはならないだろう。でも、実際のところ、与那国島出身のそのおかみさんの床屋に、僕は次も行くことだろう。

 

島だからできることというのは、そんな風に、特別な事じゃない。そして、それは何歳から始めてもいい。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

20℃ ー 石垣島の暮らし、その1

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 06:49

 

 

【20℃ ー 島の暮らし、その1】

 

20℃というのは、冬の気温としては暖かいに属す。さいたまに住んでた頃はそう思ってた。ところが島の冬、どう体に問い返して見ても、寒い。スマホの温度計アプリの指し示す温度は20℃。


温度感は相対的なものなのか、でも僕は島の夏が身に付いてる訳じゃないよ。誰でも今、この地に立つと寒いと感じるのか、北風が吹いてるというそれだけのことなのか。


決して温度計の数字は寒いの指標にはならない。あるいは20℃の意味が所変われば品変わるの域か。
抽象化するならば、僕達は数字を感覚の頼りにしてはいけないということだろう。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM