ライブの記録 @たかしの店 #35 2020.1.17

  • 2020.01.20 Monday
  • 19:07

 

令和二年、最初のライブ、ご来場いただいたかた、ありがとうございました。

今年も、ゆるりと音楽していきますね。

 

 

今回のライブ、第一部のテーマは「暦」。

一年の初めのライブにちなんで、なぜ1月1日は一年のうち、ここなのかという素朴な疑問を調べた話から入ってみた。

ちょっと低調なテーマだった気もする。まあ、正月モードだと思って欲しい。でも、初めて僕のライブに来た人が、楽しんでくれたみたいなので、良しとしよう。

もっと、いいかげんな自説、リベラルアーツを追及するトークにしたいものだ。

 

今回、初めての試みとして、オールスタンディングのライブとしてみた。もちろん、お客さんがオールスタンディングなのでなく、僕がずっと“立ち”で演奏するということだ。

以前は、立って演ってた気もする。しかし、古井戸がパイプ椅子に座って激しくギターをかき鳴らすというのに憧れて(見たことはない)、“座り”で、ずっとやってきてた。

前回、なんとなく、第二部だけスタンディングでやってみて、悪くない気がして、今回は第一部から立って演奏してみたのだった。

うん、悪くない。

声も出やすい、マイクアレンジもしやすい気がする。

しかし・・腰を痛めた。

 

●第一部

1.新しい物語

2.わたしとあなたと私と

3.タコライス

4.あたえられしものを

5.さしみ屋

6.ゆうせい

7.新栄町の夜に歌え

 

●第二部

8.冬のコンサート

9.ヤギのお母さん

10.一緒に生きる

11.誰か僕と内緒の話をしよう

12.選ばなかった未来に

13.天使が空から落ちてきた

 

●アンコール

14.さよならメゾンココナッツ

 

(3.作詞:蓮見季人+頭慢、他全部 作詞・曲:頭慢(とーまん))

 

2.今月の新曲。この歌詞の内容をテーマにしたトークをとも考えたのだが煮詰めきれなかった。

3.去年の1月につくった歌。二度と歌うことはあるのだろうか。それとも根拠なく正月とするか。

5.たかしさんが、今まで一番良いと言ってくれた。うれしい。

6.高校一年の初めに「ゆうせい」というフレーズがマイブームというか、マイ宗教のような状態だった。

10.久しぶりに演ったら、曲を忘れてたり、ギターアレンジ忘れてたり。なるほど、高校んときの歌は覚えていても、もう、5年まえの歌は忘れてるんだな。Youtube見て思い出した。

12.初めてライブに来てくれたひとが、いい曲と言ってくれた。満足。

 

ライブに来て、あんまり演奏に耳を傾けず、終始周りの人と、おしゃべりばかりしてるひとがいることがある。長い(?)音楽生活の中で、僕のライブでも何度か経験してる。

それは、自分のパフォーマンスに魅力が無いせいと、基本的には思う。精進したい。

たとえそれでも、耳を傾けてくれるひとのために、集中して演奏したいと思う。しかし、未熟かな、ノリを削がれそうになる。なんとかしようと思って、かえって上手く行かないことも。

かつて、プロのミュージシャンのライブへお客として行って、会場にそういう人が居たことがある。そんな状況では、そのミュージシャンの演奏を集中して聴くことが難しい。集中することに神経を使ってしまった。そのときは、その、ミュージシャン、最後の歌の前に、最後だから静かにして聴けと言った。

演奏する立場にあって、どうするのが良いか、いまだ、答えが見つかってない。

 

次回、ライブ inたかしの店は、3周年記念の36回。

2月10日(月)祝前日です。

 

●第一部

https://youtu.be/k5_fVlkNVZ8

 

●第二部

https://youtu.be/SkSmz8nlLIQ

 

JUGEMテーマ:音楽

ライブの記録 @たかしの店 2019.12.25

  • 2019.12.29 Sunday
  • 11:38

 

クリスマスライブ、サンタクロースやトナカイがご来場、いや、来なかったけど、来ていただいたお客様、ありがとうございました。配信を覗いて下さったかたもありがとう。

 

何より、疲れが溜まってたようだ。

前日の夜遅くまでのイベントで、就寝が2時だった事(6時に起きて仕事へ)。

昼間、子供たちを前に、二曲だけだが歌ったこと。

第二部で、久しぶりに’立ち’で演奏したこと、など相まって、終盤、ボロボロでしたわ〜。

 

●OAみたいな

バナナのブルース(頭慢,Miho,コッシー)

 

●第一部

1.まれびと来たりなば

2.To what do I belong

3.Dead  December

4.涙のさいたま新都心

5.超能力がある

6.Christmas Song

 

結構、今回の第一部テーマトーク(人呼んでサンタクロース 〜日本のクリスマス考)は気に入ってたのだが、どうだったろう。

1.は、今回のライブのためにつくった歌。いちおうクリスマスソング。サンタクロース=来訪神という、トークで話した内容をベースにした歌詞。曲も気に入ってるので、クリスマスの今回だけ歌うのは勿体無い気持ち。

2.ところで、To what do I belong って、英語、正しいです?>英語できる人。

3.と6.は、この時期のライブ定番。

4.さいたまソングをセットしたくて、どの曲にしようか迷って、年末なので定番曲に。

 

ライブのオープニングに、みほちゃんデュエット&コッシーさんSAXで、バナナ。

 

●第二部

7.赤鼻のトナカイ

8.ヤギのお母さん

9.さしみ屋

10.ある日壁が崩れた

11.函館のおやぢ

12.誰か僕と内緒の話をしよう

13.南の島に雪が降る

 

●アンコール

週末、君とドライブ

 

(作詞:3.秋葉信雄 10.BARL 他、全詞・曲:頭慢)

 

7.は昼間のプチライブ用に一寸練習したので。急遽追加。

8.ハーモニカを準備するのを忘れたよ。その辺りで、自分のお疲れモードを気付くべきだったかな。

10.ライブで一度も演った事の無いBARL作詞のTRISTANソング。ベルリンの壁崩壊から30年。という事はこの曲をつくって30年。歳とったねぇ。ギターは30 年経ってようやく弾きこなせるようになったとも。

11.と12.お疲れモードで最後の盛り上がりフェイズが台無しじゃー。11.は歌詞を噛むやら飛ばすやら。12.は、フレットポジションを間違えるという、そんなミスってあるのかって失敗。間違えて一音高く演奏してしまった(何のためのカポやら(笑))。すぐに気づいたのだが、結局、やり直しせずに通してしまった。弾きにくさ故のギターミス連発。

13.今回のエンディングは何にしようと考えて、この曲にしたのは自分の中では妙案。

 

アンコールは、さがちゃんからのリクエスト。

 

ライブにおける、没頭と冷静。自分のコンディションを考えた軌道修正や鼓舞。ライブの道はいつまでも終わりの無い道だなあ。毎度の鍛錬、積み重ねである。そして、この次がある幸せと感謝。

 

次月のマンスリーライブは、令和二年、1月17日(金)です。来てね。

 

●第一部

https://youtu.be/iSzErgPhq24

 

●第二部

https://youtu.be/Wb9377j-NyY

 

JUGEMテーマ:音楽

ライブの記録 @たかしの店 2019.11.15

  • 2019.11.17 Sunday
  • 09:20

ライブの記録 @たかしの店 2019.11.15

 

 

先月に引き続き、お店目当てでたまたま来店した人(グループ)がライブを聴いてくれた。

そして、とても楽しんでくれたようだ(おひねりもらった)。

毎月来てくれるお客さんも、もちろんうれしいが、一見さんに楽しんでもらうのもうれしい。

おかげさまで、今月も満員に近い入り(一時)。

 

さて、今月ライブ第一部テーマは「ヤドカリは仮の宿」。

いつもの、朝の海で、「ヤドカリ」→「カリノヤド」という言葉遊びが頭に浮かび、それをテーマにしてみた。

語りたいことは、そこから案外簡単に浮かんだ。

でも、内容がちょっと地味だろうかと心配。ところが、心配無用。心と身体、輪廻転生。そんな抽象的な話を、お客さんが面白がってくれたのはうれしかった。

語りたいことが浮かんでから、それにひもづけた選曲、セットリストづくりには手を焼いた。

トーク内容が地味で、歌う曲の方も地味になってしまいそうで。

 

後半、第二部の方も、今回はセットリストにああでもこうでも(まあ、それを考えるのは、ライブの楽しみの内ではある)。

第二部の最初にウクレレ弾き語りを持ってくるのは、今月の既定路線。
11月15日ということで、埼玉県民の日の翌日、埼玉な歌を入れようかとも思ったのだが、どうにもバランスが悪かったりで、さいごは、「今、歌いたい歌を歌う」これで、決まり。

●第一部

1.渚に風

2.さよならメゾンココナッツ

3.ヤギのお母さん

4.歌にならないルサンチマン

5.ヤドカリは仮の宿

6.海と擬人法

 

4.は、作った時から、どう演奏したらよいやら手強い曲。演っては納得いかず寝かせてで、今回、またチャレンジ。ベース音を強調すると、もっとまとまるかな。

5.は、第一部のトークのテーマ曲であり、今月の新曲。コンセプトがはっきりしてたので、わりとすんなり歌詞が出来て、レゲエ風なリズムにしようと、すんなりと曲も出来た。まあ、曲は出来たばっかりで安定してないけど。これから育てていく感じの曲だ。

 

●第二部

7.場処

8.海に居るよ

9.さしみ屋

10.雨のギャラリー

11.猫の国へ

12.誰か僕と内緒の話をしよう

13.天使が空から落ちてきた

 

アンコール

14.バナナのブルース(feat. Miho)

 

7.8.少し前にウクレレを買って、ウクレレに合う曲として、持ち歌から二曲。そのうち、ウクレレ曲も、また、作ろう。

10.いつものように糸賀ちゆきさんの絵を画面にスライドしながら。ちゃんとビデオ化しないとと、ずっと宿題。

12.少し前に織田哲郎さんのライブを観て、曲名を紹介しないで続けて歌うのも、カッコいいなあと、真似てみた。以前は、曲名を歌う前後に必ず言うのがこだわりだったのだが、ちょっと考えが変わった。

13.今、歌いたい歌という事でラスト曲。演奏パフォーマンス上、色々と、お客さんにすまないと思う事もあって反省なのだが、こっそりと次の糧に。

14.アンコールは、全く予期せず、たかしの店で毎月フルートソロのライブをやってるMihoちゃんとのデュエット。バナナ〜♪

 

来月は、12月25日クリスマスの開催とした。

でも、あんまりクリスマスの思い出って無いなあ。何しゃべろう?

クリスマスな歌を、なんか作ろうか。

 

●第一部

※ 一曲目欠けてます。

https://youtu.be/mqnq8BQPVM8

 

●第二部

https://youtu.be/X-futElh45Q

 

JUGEMテーマ:音楽

 

ライブの記録 @たかしの店 2019.10.18

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 19:09

ライブの記録 @たかしの店 2019.10.18

 

満員のお客様に、まずは感謝。。

そして、せっかくお店まで来たのに、席が無くて帰ってしまった方、すみません。

こんなことはマレなので、来月、また、おいで頂けたらさいわいです。

まあ、満員だったのは、直接、直接、ライブ目当てでない飲み集まりのグループがいたからもあるんですけどね。でも、そのお客さんたちにも、スゴくウケてもらえたよー。

 

満員のお客さんに応えるように、今回もよいパフォーマンスでライブが出来たと思う。

ここんとこマンスリーライブは気持ちよく歌えてる。

5月にのどを痛めたことで、それがバネになってパフォーマンスが良くなったのかも知れない。

災い転じて福?ちょっと違う、楽あれば苦あり、禍福は糾える縄の如し?まあ、何でもいいけど。

 

ちょっと気になるのはギター。愛機ラリヴィの具合。フレットの減りのせいか、高音がビビる気がする。それを気にしてエコライザーで高音を切っていたら、それをお客さんの一人に指摘された。

それはそれで、ギターの音まで気にしてくれるお客さんはうれしい。

 

さて、今回のライブには、私の故郷埼玉からお客さん。

さいたまに住んでた頃、一時期、毎週のように行っていたお店、今はなきFUSE(武蔵浦和にあった)のジェーンとターザンが来てくれた。

前回、石垣島に来てくれたとき同様、ターザンには一部と二部の間で二曲ほど歌ってもらった。

 

セットリスト

 

●第一部 テーマ「記憶のオートファジー」

1.新しい物語

2.ルート17(2013)

3.天使が空から落ちてきた

4.Fuseな時代

5.函館のおやぢ

6.都会から来た人は

 

●第二部

7.ヤギのお母さん

8.函館のおやぢ

9.さしみ屋

10.バナナのブルース

11.誰か僕と内緒の話をしよう

12.葉音 - Sound of Leaf -

 

2.作詞:BARL

そのほか、作詞・曲:頭慢(とーまん)

 

「記憶のオートファジー」というテーマだが、オートファジーとは動物の細胞の中でタンパク質を分解する仕組みである。

タンパク質は悪くなったら壊されるのでなく、元気なうちに壊される。動物には、積極的に壊す仕組みが用意されてるのである。

それをひとの記憶に言及。記憶というものも、揮発して無くなっていくわけでなく、積極的に分解される仕組みが人には備わっているのではないかというのが、今回のテーマ。「記憶のオートファジー」である。

 

こんな、とっつきにくいテーマに、意外にもお客さんは食いついてくれた。

こういう芸風でライブをやって来て良かったと思う瞬間だ。

 

3.は、今月の新曲。悔恨と昇華をテーマにしたラブソングである。

 

第二部は、初めてのお客さん向きに定番な曲を並べた。

そんな中に、先月つくった10.バナナのブルース。これを「ひとりデュエット」で歌って、とっても好評いただいてしまった。こういう歌がメインのミュージシャンと思われても困るのだが、まあ、変化球の投げられるピッチャーではありたい。というか、変化球も投げられるとこがウリだとは思ってる。

 

ラストソングは、ジェーンとターザンが来てくれたこともあり、その頃の定番ラストソングで、12.葉音。そういえば、葉音さん、元気でいるかなぁ。

 

来月もこの流れで、金曜日開催です。
11月15日(金)、埼玉県民の日の次の日。

 

●第一部

【注意!】毎回、録画がトラブってますが、今回も機材の不調で、第一部、画面がたいそう乱れます。観てくれる方、観るのは最初の辺りだけにして、音声だけお楽しみください(※ 目、傷めるよ!!)。音声も難ありですね。次回がんばります。

 

https://youtu.be/-Swqx4qCbwU

 

●第二部

 

【注意!】第二部も録画がアレです。カメラ位置がこんなで失礼いたします。

 

https://youtu.be/JP7-VZlTRog

 

JUGEMテーマ:音楽

ライブの記録 @たかしの店 2019.9.14

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 14:23

 

頭慢ライブinたかしの店

第31回 2019.9.14(土)

ライブの記録

 

はい。楽しくライブできました。

来ていただいたお客様、ありがとうございます!

 

●第一部

1.渚に風

2.両棲類

3.マージナル

4.ヤギのお母さん

5.いつかシロクマ

6.海と擬人法

 

●第二部

7.等しく雨の降る街で

8.Be Satisfied

9.バナナのブルース

10.さしみ屋

11.涙のさいたま新都心

12.函館のおやぢ

13.誰か僕と内緒の話をしよう

 

●アンコール

14.猫の観察からわかること

 

(ALL 作詞作曲:頭慢(とーまん))

 

第一部のテーマライブのテーマは「境界(自然と人工)」。

先日、東京で演ったライブのテーマに近いが、東京ライブのテーマが「自然が持つ心」だったのに対し、今回は自然と人工の境界線を探るというテーマ。

これは、仕事で「里山写真家」の今森光彦さんの文章を読んだこと、それから「ゴルフ場に自然はあるか」(田中淳夫)を読んだことで湧いた題材だ。

境界ということをテーマにとると、いろいろな持ち歌が浮かんできた。1.は生と死の境界(一曲目から!)、2.は動物の進化の境界(恋愛感情の境界)、3.そのままマージナル、4.はペットと家畜の。そして、5.自然と非自然の境界として、以前に語ったことがあるが、動物園で飼われてる動物の話。

境界、主に自然と人工の境界について例を挙げ、その境界の曖昧さを語った。自然と人工だなんて、人間がつくった幻想。人間自体も、自然の中でここ迄が人間だという幻想の枠組みだ。その枠組みを6.擬人法と呼んでみた。

1. や 2. ようやく、五月から不調だった声が戻ってきたかな。高音域を張り上げるのは第一部のこの二曲でおしまい。

ひさしぶりに歌った 5.が良い感じだった。6.は歌いこんで、つくった当初よりも良い感じにまとまってきたと思う。

 

第二部はライブお客様常連のコッシーさんリクエストと、田中さんバースデーに送る歌が中心。

コッシーさんが前回のライブのアンコールで私の「40代前半に作った歌」というリクエストをいただいたが、その時代は、私の音楽活動空白期間。資料ひもとくに、8.はその時代につくってるか?記憶が不確か。

ちなみに、弾き語りを再開して後に、この歌を演ったのは、調べてみると5年前に一回だけ。そのときの演奏をライブ直前に見てみたら、今回練習したよりもアイディアがある。初めに見とくんだった。

それから少し前、コッシーさんから「バナナの歌」というリクエストがあったので、9.を新曲発表。

「ブルース」とつけたが、ブルースってなんだ?いわゆるブルース進行の曲は苦手だ。そうではなく、ブルースはブルースでも青江三奈路線を狙ってみたのだった。

田中さんに、4.ヤギと10.さしみ屋と11.さいたま新都心と12.函館のおやぢの4曲は毎回聞きたいと言われたことがある。ありがたいことだ。しかし、構成の都合で、4曲ともセットリストに入れることはまれ。でも、今回は近々田中さんのバースデーということで、4曲とも演りました。

 

ということで、

来月のライブinたかしの店は10月18日(金)です。

初めての金曜ライブです。

たくさんのご来場、おまちしてます!!

 

●第一部

●第二部

 

JUGEMテーマ:音楽

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM