教員免許更新 をすることになったのは 4月から教員になったから

  • 2018.12.29 Saturday
  • 19:32

 

教員免許更新制は、2009年から始まった制度である。
施行後に教員免許を取った場合、10年ごとに免許を更新する仕組み。
免許を更新する際には、5科目×6時間の講習を受ける必要がある。
更新の煩雑さ、講習の費用、講習による教員の質維持という題目の有効性への疑問など、一般にはいろいろと問題を抱えてるとされる制度である。

 

私の場合、この制度が始まる前に、教員免許を取っている(旧免許取得者)。
そういったばあい、免許更新がどのように適用されるかというと、旧免許取得者の生年月日によって最初の更新期限が割り振られる。割り振りは、ややこしいのだが、2011年3月末から2020年3月末まで10年間にわたって、割り振られて最初の期限が来るのである。
私の更新期限は、2019年3月末だった。

 

去年まで、教員免許を取ってから、いちども教員職に就いたことは無かった。そうした場合、更新はどうなるかといえば、そのまま教員職に就かない状態であれば、更新はできないのであった。更新はできないけど、更新期限後は、教師となるには、先の講習を受ける必要がある状態となる。免許自体は失効しない。
しかし、更新期限までに、いちどでも、教員職に就いた場合、講習を受けて更新期限までに免許更新を行わないと、免許は失効となる。

さて、今年の4月から、小学校の非常勤講師となった。非常勤講師となったことで、更新期限ぎりぎりになって、免許更新をする必要が発生してしまったのである。

 

選択肢としては、教員職は、今年一年でおしまい、免許を失効させるということも考えた。
が、まあ、非常勤講師を何年か続けるのも悪くないかななどと、思ってしまった。
すなわち、免許更新講習を受けることとした。

 

教員免許更新の講習は、教員養成課程のある大学とかで行われてるほか、通信教育で行ってるものもある。免許を取得したとこで更新講習を受けなくてはならないこともなく、どこで受けてもいい。5科目の講習をバラバラの場所で受けてもいい。
そんでもって、私の場合、石垣島在住。石垣島に、そうした教育機関なんて無い。いちおう、夏休みには、琉球大が出張で講習を行っていたらしいが、講習を思い立ったのは9月すぎ、すでに島での講習は終わってる。
ということで、通信での講習受講とした。

 

インターネットでの通信講習を行っている団体はいくつかある。しかし、試験は実地(講習ごとに修了試験がある)なとこも多く、完全にインターネットだけで完結する団体は、たぶん、2つだけ。桜美林大学と才能開発教育研究財団。
Webページなどを検討し、才能開発教育研究財団を選択した。
ちなみに、料金はというと、才能開発教育研究財団の場合、1科目7,200円。5科目で36,000円となる。実地での講習のほうが、これより安いとこがたぶん多い。

 

更新講習は、必修1科目、選択必修(免許カテゴリ、小中高か幼稚園かとか、ごとの必修)1科目、そして、選択3科目。
団体ごとに、必修科目が用意され、また、選択科目のラインナップが用意されている。
参考までに私が受講したのは以下。

 

ゞ軌蕕虜膿兄情
教育の情報化(小・中・高中心)
思考をサポートするシンキングツール・思考ツール
いい里舛龍軌
ゼ業に役立つ理科実験

 

´△必修。
選択は、ワークショップ形式 副読本が届く 6饌療な授業ベース
ということで、特性をばらかして選択してみた。

 

講習に関しては、インターネットの通信講習について、顔が映るカメラが付いたPCが必須(本人確認の顔認証)。
また、それなりな動画通信帯域も必要であるが、我が家の環境の場合、ほぼ問題なかった(才能開発教育研究財団で、あらかじめ環境テストが用意されてる)。
問題といえば、夜、部屋が暗くなると、顔認証が効かなくなるときがあり、PCを傾けたり、少し工夫が必要だったくらいだったか。
講習には、選択問題の試験と、論述の試験があるのだが、通信講習の場合(?)、論述の試験に時間制限が無いのがありがたい。ゆっくりと、文章を整えて提出することができた。

 

講習の内容としては、7,200円分の価値があるかといえば微妙ではあるものの、各講習、優劣あるにせよ、みんなそれなりに面白かったし、仕事の役に立つ内容で、悪くなかった。とくに、のシンキングツールや、イ陵科の授業については、即戦力。早速、授業に応用している。

 

なお、講習は、どこかで実地で行われた講習をビデオ撮りしたものを配信してる。通信講習専用に講義されたものではない。

 

ということで、12月のはじめまでで5科目終了(ほんとは11月いっぱいで終了のもくろみだった)。修了(履修)証明書が届き、教育委員会への更新申請を行った(申請に3,300円かかる)。
手続き完了。
4万円ほどかかったが、頭ごなしに悪い制度というわけでもなく、講習の受講は、よいリハビリになった(もっと前に受けていてもよかったかもだけどね)。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

仕事の話の覚書(InternetExplorerのCookie異常)

  • 2006.04.29 Saturday
  • 21:15
InternetExplorerのバグの話。
スクリプトから、ShowModalDialogをしたウィンドウから、
Window.Openを行うと、セッションCookieの引継ぎがおかしくなる。
2つのプロセス、
すなわち、InternetExplorerを2つ起動後、
一方から、上記行為を行うと、
Window.Openしたウィンドウが、
なぜか、無関係なはずの他方のウィンドウのセッションCookieを利用しようとする。
たとえば基本認証サイトの場合、認証を通ったあと、ShowModalDialog後のWindow.Openで再度認証ダイアログが出る可能性がある。
かつ、そのセッションは別プロセスに保存されてしまうので、
どう考えてもセキュリティの脆弱性。
たぶん、MS既知のバグでKB839443で出てたものらしいのだが、
このKBのページが消えているし、KB自体2004年のものにもかかわらず、
いまだ更新パッチも出てないと思われる。

年明けて濃いペースで仕事してきたが、ようやくだれ気味。

  • 2005.01.17 Monday
  • 22:29
仕事でASPによるWebアプリを作っているが、通常、検知できるエラーは拾ってエラー内容をUIに返すこととなる。
このエラーを監視ソフトを使って監視するようなユーザーニーズがあって、監視をHTTPステータスでやりたいとな。
って、きちっとエラーページでUIに返してたらば、エラーだけどHTTP上は正常ステータス 200 OK となっちゃうじゃん。

さて、と、ちょっと調べたら、ASPのサーバーサイドから任意のHTTPステータスを手軽に返せることが判明。
Response.Status = xxx
これだけ。

リターン値はなんでもござれだ。
Response.Status = 404
などとすれば、ページが見つからないステータスを返すページがつくれる。
Response.Status = "401 Authorization Required"
としたらば、ちゃんとブラウザが基本認証ダイアログを出してきた。

とな。

年末なので仕事の話は COMAdminCatalog

  • 2004.12.29 Wednesday
  • 17:09
こんな年末に雪の降る日に風邪をひきながら、とりとめないサラリーマン仕事をしている。
ので、たまには仕事の話をしてみよう。

コンポーネントサービスに登録されているアプリケーション、また、そのアプリケーションに登録されているコンポーネントの状態を検知するプログラムを作成したくて、COM+のカタログ情報あたりを調査してた。
コンポーネントの状態っつーのは、コンポーネントサービスのMMCのUIで見ると、くるくる回ってる状態かどうかを知りたいというレベル。
そんでもって、COMAdmin あたりを調べて、ComAdmin.COMAdminCatalogからの芋づるで、アプリケーションのコレクション、また、そこからコンポーネントのコレクションなどを拾えることはわかったが、状態については、おそらく、このあたりの情報からは拾えない模様。

そんなふうに、あまり成果の無い年の瀬なり。

--------------------------------------------------------------------
 Set oCatalog = CreateObject("ComAdmin.COMAdminCatalog")
 Set oApplications = oCatalog.GetCollection("Applications")
 oApplications.Populate
 For Each oApp In oApps
   List1.AddItem "【" & oApp.Name & "】"
   Set oComps = oApplications.GetCollection("Components", oApp.Key)
   oComps.Populate
    For Each oComp In oComps
     List1.AddItem "・" & oComp.Name
    Next
 Next

--------------------------------------------------------------------

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM