宅墓鬼凶多

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 18:54


あけましておめでとうございます。

令和二年の年明け、如何にお過ごしでしょう。

初詣行きましたか?

私はと言えば、今年は、出雲大社先島本宮→尖閣神社→桃林寺のハシゴで明けた元旦でした。

 

ここ十年来、大晦日は紅白歌合戦を観て、そのあと近所の神社へ初詣、帰ってさだまさしを観て寝るというルーチン。

しかしながら、引っ越す前は、マンションの隣が神社だったんで、帰ってさだまさしが容易だったものの、島に引越してからは神社事情が違う。

いわゆる神社というもの、石垣島には二つか三つか。歩いて行ける場所にはない。

宗教の違いなのである。神社を拝する信仰が島には基本的に無いのだ。

 

御嶽(「おん」「うたき」などと読む)というのが、石垣島(あるいは沖縄)の信仰拠点。「神社のような」である。

民俗学の谷川健一(あるいは折口信夫)によれば、御嶽は、神社の旧い形。神社信仰の古い形式を残したものだという。

まあ、正確には、本土の神社と同じルーツの古い形式から独自の信仰に分化したものなのだと思う。

ちゃんと(?)御嶽の前には鳥居も立っているが、地元の人が普段、そこに手を合わせる事は無い。そこは祭事の場所であり、普段はそこに神様は居ない。

そして初詣に行く場所でも無い。

 

ということで、島の中、鳥居の立った建物は、何ヶ所もあるが、いわゆる神社とは似て非なるもの。初詣に行くのは、数少ない本土から来た神社ということになる。

島で一番大きな神社が、出雲大社先島本宮。ここも、地元の信仰を集めているかは疑問なのだが。

それは市街地から少し離れた、白保集落の中にある。大通りに面してるでもなく、集落の住宅の中にこつぜんとある感じだ。

しかしながら、ここは、元旦の0時に行くと、ちゃんと開いていて神主が居て(一人きりだが)、お札もいただける。

引越してから、試しに行ってみたら、ちゃんと開いていたのだった(普段は開いてない)。


出雲大社先島本宮(昼間に撮影)

 

さて、昨年、石垣島に移設、開かれたのが尖閣神社だ。何処から移設されたかは言わずもがな。

ここは、ちゃんと、本殿があり、拝殿があり、社務所がありと、本土の神社の建物の形を備えてる。先の出雲大社先島本宮は、大きな建物が一つあるだけの、本土の神社とはちょっと違った形式なのだ。

その開いているのを一度も見たことのない社務所。元旦には開いてるかなと期待して、出雲大社参拝の後、訪れてみたのだが、残念。神社は真っ暗。

社務所に明かりが灯ってる感じもあったが、はたして?明るくなったら開いてたのか。

尖閣神社(昼間に撮影)


ところで、島の御嶽が初詣の場所でないとして、島の人が初詣に行かないかというと、桃林寺、あるいは、その関連の観音堂へ初参りするという信仰はあるようだ。

なので、尖閣神社のあと、桃林寺へも行ってみた。観音堂の方が賑やかなのだが、疲れちゃったので、近場の桃林寺へ寄ってみた。

入ろうとすると、門を閉めようとするところ。除夜の鐘も鳴らすし、深夜に開いてるが、一旦閉めてしまうらしい。ギリギリで入門。お詣りした。午前2時前のことだった。

 

桃林寺(昼間に撮影)


さて、タイトル「宅墓鬼凶多」だが、出雲大社で引いた御神籤の文言だ。『末吉』と、つつましやかな暮らしにぴったりの吉凶だったのだが、その御神籤の一つ目の言葉。

「家内にもののたたりなどありて とかく さわりが おおしとなり」が説明にある。「もののたたり」ですか、うむむ。

「神仏をいのり精々誠をつくさば 禍しりぞき家内おだやかなるべし」ともある。

今年は信心深く生きようと思う。


第六番 末吉





コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM